スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロンボこけし(パール)の壁掛



「クロンボ」は昭和によく作られたアイテムのひとつで、
「クロンボこけし」をはじめとして、人気のある意匠ですね.

さて、この商品は左に「湯の山」と書いてあります.
多分、三重県の湯の山温泉のことであろうと思われます.

湯の山温泉は小説の神様 志賀直哉が滞在し、
短編『菰野』を執筆したことでも有名な温泉街です.

クロンボこけしに限らず、こけしは大正~昭和の時代、
観光地のお土産の定番でした.

多様な、ご当地コケシがあるので、つい、蒐集したくなります.



クリンボこけし(パール)の壁掛  \1800 16cm
スポンサーサイト

モール細工



短い針金の先にモールの虫達が付いています.

ラッピングに使ったり、お部屋のインテリアに.

虫モチーフのモール細工 1本 \300~500

愛しきセルロイド



象牙の代用品として開発され、
歴史上最初の人工の熱可塑性樹脂であるセルロイド.

もはや、「セルロイド」の単語の響きだけで
詩的な趣さえあります.


手がゴム紐で動く人形(戦前) h9.5cm \4500

ピンクの白鳥 h4cm \1000

樹脂のカゴに入ったお花     \1900



phillp laureston黒猫



phillp laurestonの黒猫フィギュリンです.

小さなお顔にグリーンの目がとてもチャーミング.


phillp laureston黒猫 \2900sold
イギリス h3.5cm

雛飾りのおくどさん



雛人形が今日のように、価格によって画一化し、
人形と道具が一式揃えになるのは大正中期頃だそうです.

それまでは、人形師や道具屋から気に入った品を買い集め、
家ごとに個性的な飾りをしていたということです.

特に京阪神の富裕な町家などでは
当時の庶民的な台所道具も揃えられ、
現在の雅な雛飾りとはかなり違っていたようです.

さて、今回紹介する
雛飾りのおくどさん(かまど)ですが.
現在のプラ製の道具とは違い、
ブリキと木で作られ、
経年の味わいが美しい品になっております.

作られた時代ははっきりとは解らないのですが、
少なくとも戦前のもので、70年以上前だと思われます.

雛飾りのおくどさん
(お釜と鍋、魚焼き、まな板と包丁セット)
\6800
sold


↑古い雛飾りは歴史的資料として
展示している所もあるようです 

planet.antique

Author:planet.antique
.....................................

Shop Name
P L A N E T

Address
530-0046 大阪市北区菅原町7-4

Tel / Fax
06-7493-8474

Mail
planet.antique@gmail.com

Open Hours
12:00~18:00

Closed
日・月

map
PLANET 地図044

concept
オトギコモノ

プラネットでは
日本の古い雑貨をメインに
セレクトしております。

只々、懐かしいだけでなく、
おとぎ話に出てくるような
夢や楽しみを込めて作られたモノ。

そんなエッセンスを含んだ小物達を
日本のあちこちから
探し集めてきました。





.....................................

カテゴリ
最新記事
Archives
リンク
このブログをリンクに追加する
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
まとめ